はじめての『Unity』開発、使ったライセンス・アセット・参考書まとめ

はじめての『Unity』

今回、はじめて『Unity』でアプリ開発しました。不慣れな上に英語資料に苦戦しましたが、なんとかアプリ申請までできました!次のアプリも、Unityで行こうと思っています。

ライセンス・アセット・参考書

開発に使った、ライセンス・アセット・参考書をまとめました。


→『Unity 3D Game Development by Example』を使った、自習の様子はこちら

開発中のバイブル『Unity入門』

高橋啓治郎さん著の『Unity入門』は、開発中のバイブルでした。Asset Storeで購入したひな型をベースに、本を読みながら改良していきました。(本の感想を書くと言ってからだいぶ経ってしまった…書かなきゃ)

出会いは1本の動画

僕のUnityとの出会いは、1本の動画でした。iPhoneゲームを20分間で作る【メダルプッシャー編】を見て感動して、すぐにUnityをダウンロードして、動画見ながら「メダルプッシャー」を作りました。その時の記事がこちら。「Unity楽しい!」って書いてます。

で、何が言いたいかというと、この動画の作者も高橋さんなんです!あの動画がなかったらUnityやってなかったかもしれないし、『Unity入門』はわかりやすいし、高橋さんに感謝。勝手に「センセイ」と呼んでます。

コメントを残す